HAEDの始め方 3 – 糸の準備

2019年7月24日

クロスステッチHAEDの必要なものの用意ができたら、次は糸の準備です。

HAED(Heaven and Earth Designs)は、始めるまでの準備に時間がかかりますが、それも楽しみながらやりましょう。

1. まず最初にジッパー付きビニール袋に、糸番号をラベルシールなどに書いて貼り付けます。紙に書いてセロテープで貼っても、直接マジックで書いてもよいです。



 2. 1束の糸を16本(1本は6本撚り)に切ります。1本の長さが約50cmになります。

手順は下記のとおりです。

①②糸に巻いてある紙を外し、片端の糸を持ったまま、ほどきます。持っていた端ともう一方の端を合わせます。(1回目)

③④両端を持ったまま糸をのばして、反対側の輪になった部分を合わせます。(2回目)

⑤⑥(3回目) 同じように繰り返します。⑦⑧(4回目)

⑨輪にした部分を鋏で切ります。反対側の端の輪も切ります

⑩1束の刺繍糸が16本に切り分けられました。

3. 余裕があれば、16本に切った糸を三つ編みにします。

クロスステッチHAEDは、6本撚りになっているを1本づつ引き抜いて細い1本で刺していきます。引き抜くときに三つ編みにしておくと、引き抜きやすいです。

①16本に切った糸を半分におります。

②①を3等分します。おおよそで構いませんが、計算上で分けると両側11本、中央10本です。

③、④、⑤三つ編みにします。

⑥ ⑤の矢印のほうから、6本撚りの糸から細い1本を引き抜いて使用します。

4. 糸番号を貼ったジッパー付きビニール袋に、糸を入れていきます。

カゴなどに糸番号の小さい順に並べていきます。

以上で糸の準備は完了です。

HAEDの準備で大変なのは。この「糸の準備」なのでこれが終われば、もうすぐ刺し始められます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・

クロスステッチHAEDキット、図案は下記より購入できます。

図案、刺繍糸、刺繍布、刺繍針が揃ったキットが便利です。